眼の健康などの視力に関する情報発信

硝子体出血が原因の目の前を蚊が飛ぶような感じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

目の前を黒いものが飛んでいる。


蚊かと思っていたけど、目の前から消えない


こんなことありますか?





今回は硝子体出血が原因による飛蚊症につい


て調べます。



スポンサードリンク







飛蚊症とは


339728


視界にごみや虫のようなものが飛んでいるよう


に見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼び


ます。




この虫やごみの正体は、眼球の組織の一部であ


る硝子体の濁りなのです。


人の目の中には、透明なゼリー状の組織である


硝子体があります。


ガラス体とも呼ばれ、タンパク質からできてい


て、眼球の形を保つ役割があります。


その透明なはずの硝子体がにごると、網膜に


影が映り、目の前にごみや虫のように見える


のです。


硝子体出血が原因による飛蚊症


084962



硝子体出血とは、糖尿病や高血圧、外傷など



が原因で硝子体の中で出血を起こすことで

す。



軽い出血のときに目の前を蚊が飛ぶような


飛蚊症の症状が出ます。




ひどい出血のときは、目の前に幕が張られた


ような見え方をします。




スポンサードリンク






硝子体出血が原因による飛蚊症の治療法


cae110d582dc0672b406a06a5cb2cdea_s

硝子体出血の原因を特定し、その原因によって

治療方法は変わってきます。



出血が軽度であれば硝子体自体に吸収される



ことがあります。







出血自体は、短期で止まることがほとんどです



 

しかし、出血が多量で視力に大きな影響が


ある場合は硝子体手術を行います。


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

硝子体出血が原因による飛蚊症について


調べましたがいかがでしたか?




硝子体出血が軽いときに目の前にごみや



虫のようなものが見えるのでしたね。



それでは、最後まで読んでくださって


どうもありがとうございました!^^




よろしければシェアやコメント等




してくださると幸いです◎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。